生理中、貧血で体がだるい

生理が始まると、それまであった便秘とイライラは嘘のように収まるのですが、それと同時に子宮筋腫があり生理の出血量が多いので、日ごとに貧血が進み体がだるくなってきます。

特に、トイレで血の塊が出ると、「すーっ」と立ちくらみを感じることもあります。だから、なるべく用事がないときは家にこもり横になって過ごします。少し動いただけでも息切れやめまいを感じるので、いつもの半分以下の家事にしています。

食事は、貧血に良いとされるレバーやホウレン草、プルーン、ヒジキなどを積極的に取り入れて、特にレバーに関しては、生理中は一日一回はソテーして食べています。本来、レバーは生臭くて好きではないのですが、貧血に良いとされる食材をいろいろと試した結果、一番、鉄分が摂取できるのがレバーでした。

自分だけかもしれませんが、レバーは即効性があるのです。食べていると元気になれます。そうすることで、少しは貧血の症状が緩和し、徐々に普通の生活に戻ることができるのです。

子宮筋腫になってから、生理の出血量が増えたので立ち仕事を続けることができず、離職し、今は専業主婦になりました。生理の時は、旅行やお出かけなどの用事を一切避けて、おうちで過ごすことを心掛けています。